歯の健康は大切です。いちど虫歯になれば、その痛みはもとより、治療自体も地獄です。そんな体験談をお読みください。
歯のケアの大切さを実感する日々

歯のケアの大切さが実感できる体験談

あなたの歯は、いま健康ですか。そして、今後も健康を維持できるとお考えでしょうか。どれほど毎日ケアしていても、知らぬ間に忍び寄ってくる虫歯は、古来人間を苦しめて来ました。そして、虫歯を治療すること自体も、痛さや苦しさは、それこそ地獄です。できれば味わいたくない虫歯治療。ここで、私の体験談をお読みいただき、歯の健康がどれだけ有難いか、実感していただければと思います。

二十歳ぐらいになると生えてくる親不知。きれいに縦に生え、ほかの歯を邪魔したりしないのであれば、問題ありません。しかし、もともと口が小さい人などは、しばしば親不知が横から生えてきて、ほかの歯を著しく侵すことがあります。親不知と奥歯の間には、うまく歯ブラシも入らずに、そこは食べかすの温床となり、最後には虫歯が生まれてしまうのです。私がまさに、そうでした。上二本、下二本の計四カ所生えた親不知のうち、下の二本はいずれも横から生えてきてしまいました。そして、案の定、親不知と手前の奥歯の接触している部分は、虫歯となりました。

歯医者さんに行ったところ、親不知の抜歯を勧められました。しかし、横から生えた親不知は、手術が必要で、町の歯医者さんでは処理ができません。歯医者さんの紹介により、私は歯科大病院の口腔外科で手術することになりました。いざ始まった手術ですが、かなりお医者さんが手こずっています。なぜならば、横から生えている親不知は、そのままでは抜くことが出来ず、砕いた破片を取り除く方法を取ります。ところが、私の口が小さく、器具がなかなか奥まで入らず、砕くこともままなりません。口を開けている私のほうも、どんどん頬の筋肉が疲れて痛くなってきて、しんどくなってきています。他方、お医者さんは、口の横から器具を強引に入れて親不知を処理しようとしてきます。口の脇は裂けてしまい、血まで出てきました。手術時間、実に二時間。私は、あまりの苦しさに、後半はほとんど意識が飛んでしまっていました。かようにして、虫歯というものは、それ自体が痛くて苦しいものですが、治療行為自体も、塗炭の苦しみをもたらすものなのです。いかに、日々の歯のケアがたいせつか、おわかりいただけたのではないでしょうか。歯の健康の大事さ、私は骨身に沁みています。

Copyright 2014 歯のケアの大切さを実感する日々 All Rights Reserved.